シェアハウス「モテアマス三軒茶屋」に住んで半年が経った

シェアハウス

こんにちは、世界のマキタ(@sekainomakita55)です。

「モテアマス三軒茶屋」というシェアハウスに住んで半年が経ちました。

 

今日は1日中モテアマスでイベントが開催されていて、「イベントの乱立」「1日中誰かしら来ては帰るを繰り返す」など、だいぶカオスな空間でしたがめちゃくちゃ楽しかったです。

改めて、本当に面白いシェアハウスだなぁと。

 

モテアマスとの出会いを振り返る

ここで突然ですが、私とモテアマスとの出会いを振り返らせてください。

モアマスとの出会いのきっかけはTwitterです。

今からちょうど1年前。

当時、会ったことないけど相互フォロワーだった木津くんがモテアマスに住んでいて、「遊びに来ないか」と誘ってくれました。

モテアマスは行ってみたいシェアハウスの1つだったので、嬉しかったと記憶しています。

念願の初モテアマス訪問は木津くん以外に人がいなかったので、雰囲気は分かったようなよく分からないようなそんな感じでした。

(木津くん、焼きそばありがとう!)

 

 

それが私とモテアマスとの最初の出会いでした。

 

スナックマキタを開催する

2回目のモテアマス訪問では、「スナックマキタ」のイベントを開催しました。

スナックマキタってなに?1回目から6回目までの半年間を一気に振り返るよ

 

これがめちゃくちゃ楽しくて、一気にモテアマスが大好きになりました。

モテアマスを運営しているカズキタさんとも初めて会い仲良くなり、次のスナックマキタの約束をして帰りました。

 

初めてのお泊り

その後、何度かスナックマキタイベントをするうちに、モテアマスに泊まるようになりました。

最初に泊まった時は、あまり環境になじめなくて「おうちに帰りたいなぁ。。。」と強く思ってた事を覚えています。

それでもイベントのたびに泊まっていたら、慣れてきてだんだん好きになっていきました。

そして気づいたらイベントがなくても勝手に遊びに行くようになっていました。

 

気づいたら住んでた

なぜか気づいたら住んでました。

泊まることが続いてたので「あれ、これはもはや住んでいるなぁ」と。

 

最初は自分の部屋はなかったので、モテアマスの大家ポールが作った軽トラの荷台に乗っかっている「モバイルハウス」に住まわせてもらいました。

当時は別のシェアハウスにも住んでいたため、2拠点住民みたいな感じでしたね。

 

Twitter

 

2つのシェアハウスを行ったり来たりと繰り返していましたが、だんだんモテアマスにいる時間が増えていきました。

 

ちゃんと住み始めました

2拠点生活をしているうちに、ちょうどモテアマスの個室が空いたので、本格的に引っ越しをしました。

私の荷物は多いため、部屋というか倉庫みたいな感じになっていましたが、とても気に入って住んでいます。(今では私の部屋は魔境と呼ばれています。)

三軒茶屋という街も大好きになりました。

 

住み始めてからわずかの期間で住民が少しずつ入れ替わり、多拠点住民が増え、モテアマスの空気はちょっとずつ変わっていきました。

 

いろんなものをシェアするようになった

フリー冷蔵庫というものが始まり(その冷蔵庫にある食料は誰が食べてもよい)、料理人も増え、みんなでご飯を食べる機会が増えました。

 

今では夕飯はほとんど毎日みんなで食べていて、幸福度が爆上がりしました(住民全員ではないですが)

 

 

夕飯の時に、悩み事も相談しあったり、対面で相談しにくい時はLINEが盛り上がったり、抱えきれない悩み事はシェアしていくごとに気持ちが楽になったりするものです。

 

他にも、洋服や自転車、車、お金など本当にいろんなものをシェアするようになりました。

 

最近では仕事もシェアするようになり、みんなでスキルを身につけてお金を稼いで家賃にあてようと、各自が持ってるスキルをシェアしてデザインやコーディングなどを教え合っています。

これまで73軒のシェアハウスをまわってきましたが、こんなシェアハウスは見たことがありません。

 

毎日、特別なことは何もなくても暮らし自体が楽しいので幸せだなぁと思いながら生きています。

そして、イベント好きの住人が多いのでイベントはイベントでたくさん人がきて盛り上がってわいわい賑やかな雰囲気も楽しいです。

 

そんな今です。

 

シェアメイトでシェアハウス巡業旅もしたなぁ。。(春になったら今度は鳥取に行くよ!)

東北シェアハウス巡業の旅に行ってきたので、青森と岩手のシェアハウスを紹介するよ

「モテアマスは世界一のシェアハウスです」って言ってた

いつかは忘れたけど、引っ越して間もない時に「モテアマスは世界一のシェアハウスだと思う」って言ってたんだよね。

 

上記に書いたことたちはなかなか面白いし、

シェアハウスの運営にあたり特別なルールはほとんどなくマナーで色々なことが成り立っているのもいいなと思うし、

個人の個性はお互い最大限に尊重し合ってる環境が素敵だなと感じていたし、

 

他にも色々理由はあると思うんだけど、とにかく毎日楽しかった。

 

去年、自分でシェアハウス運営を始めるためにクラウドファンディングをした時に、シェアハウスに対する想いや今までの生活について書いたんだけど、

クラウドファンディング記事

子供の頃は家に人がいなくてつまらなかったから学校とか塾とか家以外になるべくいるようにしていて、だから、家での暮らしが楽しいってことが本当に幸せで、毎日幸せだなぁと思って暮らしています。

 

サグラダマキティアに込めた想い

自分で運営を始めたシェアハウス「サグラダマキティア」も、モテアマスみたいにしたい、というかモテアマスに住んでいる私みたいに「住んでいる人が暮らしを楽しめるようなシェアハウスにしたい」という想いを込めて運営しています。

 

(noteにて、マキティアでの何ヶ月間を振り返ってみたよ)
減ったトイレットペーパー

 

今は「マキティア」と「モテアマス」の完全2拠点生活をしていて、本当に行ったり来たりしている日常を送っています。

移動は大変だけど、楽しさも倍だなぁと感じているんだ。

 

どっちも大好きなシェアハウスだから、もう「世界で一番好きなシェアハウス」という表現はできなくなったなぁ。

 

 

おわりに

こんな感じで半年間モテアマスに住んで起こった出来事、思ったことなどをざっくりと振り返ってみました。

 

毎日の何気ない日々は楽しいし、イベントはイレギュラーなことが多くてやっぱり楽しい。

 

今この文章を書きながら、一緒に暮らしているメンバー、卒業しちゃったメンバーとの出来事を思い出していたら、楽しくて笑っちゃうことも多いんだけど切ない気持ちも半端ないんだ。

 

さっきまで一緒に隣で笑っていた大好きなシェアメイトはもうすぐ退去しちゃうし、

他のみんなも、自分だって、いつどういう風に状況が変わるか分からない。

今いるメンバーでこんな風に笑っていられるのはずっとは続かない。今しかない。

だからその時々の楽しさをかみしめてなるべく忘れないようにしたい。

 

シェアハウスでいろんな出会いと別れを経験してきたから、こういう風に考えちゃうのが癖になったみたいです。

 

私は引き続きモテアマスでの生活を楽しみます。

そしてマキティアもどんどん盛り上げていくよ。

 

 

モテアマスありがとう。大好き!

コメント